POSシステムの活用|顧客管理を簡単にすることが可能

初めて飲食店を開く場合

会議

事業計画書と資金の確保

カフェを開業する時は食品衛生責任者の資格が必要です。保健所で講習を受けるだけで取得できるので、事前に準備をしておきます。まず開業する場所を確保する必要があります。立地によって客足が影響しますので、事前に人の流れや他のカフェや飲食店の営業状況などをリサーチします。理想的な開業場所は人通りが多い繁華街で、道路に面している店舗です。家賃は高くなりますが、集客率は良くなります。資金的に余裕がない時は雑居ビルの2階や3階に借りることになります。また近くに大学や企業など人が集まる施設があるとカフェの開業が成功しやすくなります。場所の確保と同時にやっておくことは事業計画書を作ることです。大事なのはカフェのコンセプトです。コーヒー専門店にするのか、軽食や他のドリンクも提供する店にするのかなどを決めておきます。それによって店内の装飾や設備なども変わってきます。事業計画書ができたら資金の準備ですが、銀行から融資を受ける場合には審査に必要な書類を用意します。中でも重要なのが事業計画書と準備金がどのぐらいあるかです。融資がおりてもローンの返済が多くなると、カフェの経営の負担になります。その場合は店舗のグレードを下げることになります。店が決まって資金も確保できたら、具体的なメニュー作成と従業員の募集を行います。また商品の仕入れ先を決めることも大切です。メニューの内容によって仕入れ先も決まってきます。従業員を雇ったら接客マナーを仕込んで、あとは開業日を決定して宣伝活動をします。初めてのカフェ開業の場合は経営コンサルタントにサポートしてもらうと、スムーズに進めることができますし、色々な経営上のアドバイスをもらうことができます。