POSシステムの活用|顧客管理を簡単にすることが可能

独立を目指すために

握手

自らが経営者になる

柔道整復師という資格を持って整骨院で働いている人はその経験を活かし、自ら開業して地元で根付いて仕事をしたいと思う方が多いですが、その整骨院開業するには何が必要かを考えてみましょう。まず一番に考えなくてはならないのが開業する日付を決めることです。この後の手続きやどのような整骨院にしたいのかという自分の構想を決める時に目標が分かりやすく準備が進めやすくなります。そして開業の資金作りが個人で難しい場合には、全国柔整鍼灸共同組合などの機関を利用するようにしましょう。全国柔整鍼灸共同組合などでは、手続きの分からない部分や資金の融資を行ってくれます。また、整骨院を開業する時の立地としては駅前がおすすめです。その中でも特急が停車する駅は、遠い場所からの集客が見込めます。しかし、その分駅前は、他のエステやマッサージ店なども多く競争が激しくなる特徴があります。一方で、住宅街では近隣の住民との地域密着型の営業になります。店舗を構える立地によっても店内のレイアウトを工夫する必要があります。そのため、街中では目立つような外観にするのが適しているのです。また、住宅街では落ち着いた雰囲気などその場に溶け込むようにするのがよいでしょう。導入する医療機器によっても治療を行いやすいように配慮していくことが大切です。治療を行って療養費を頂く際に保険と取り扱いにはまず、都道府県知事や地方労働厚生局と受領委任契約を行わなければいけませんが、個人で行うのが難しい場合には業者が代行で行ってくれるサービスを使用することもお勧めです。すべての手続きが終われば開業ですが、宣伝はチラシやブログなどのインターネット媒体を活用して積極的に行い、整骨院開業を成功させましょう。